Loading

自然の中で自生した本物のクルミの味と栄養を伝えたい。85年以上も続く、地域の人への想いと守られてきた味


ユネスコエコパークにも認定された
南アルプスなどの大自然が今も残っている長野県には、
地元の人だから食べることができる完全な無農薬な食材があります。

その一つがオニクルミ。

今回は、このオニクルミを扱った「くるみ」の
出品者様である関様にお話を伺いました。

減りゆく貴重な国産の無農薬くるみ「オニクルミ」

私どもの会社がある長野県では、昔からくるみを食べる習慣がありました。

だからどこの家の庭にも必ずくるみの木があり、
そのまま食べるのももちろんですが、料理に使ったりなどして、
いろんな形で食べていました。

ところが近代化が進んでいく中で、くるみの木は減っていきました。

さらに、オニクルミは殻が非常に堅いため脱穀作業が大変で、
しかも全て手作業のため人件費がかかって採算が合わなくなってしまい、
廃業してしまうくるみの会社をたくさん見てきました。

国産で自生しているくるみしか扱わないこだわり

木の実はとても虫がつきやすいんです。

だから海外からのものには虫がつかないように何かしらの処理がされています。

どんなにオーガニック、無農薬などと謳っても、そういった処理をしてしまっていたら危険なものになりますよね。

一方で国内でしたら、
脱穀したらすぐにパッケージに入れてしまうことができるので、
虫が入る余地さえもないのです。

もし農園にして大量生産したら、廃業しなくて済んだ事業者もあるでしょう。

これぞ日本の自然!85年以上も続く地域の人への想いと守られてきた国産の無農薬くるみの物語【オーガニックベンダーズの声】

脳にも良いといわれるスーパーフード! 日本国内の自然の中で育った、安全・無農薬な「くるみ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

世界レベルのオーガニック基準「有機JAS認証」の野菜にこだわる理由とは? 家族の健康や自然農法野菜の畑、海の環境などが教えてくれたこと。

エビデンスに基づいた客観的な情報と、自然食にもっとも近い「安全なサプリメント」を日本の女性へ届けたい

関連記事

  1. 合成界面活性剤が原因となる肌トラブルで薄毛が増えている。私が出会った重曹の力。

    2017.02.19
  2. 南アフリカから生まれた野生のルイボスティーが日本の未来を支える

    2019.02.25
  3. 本当に欲しいものを届けたい。マヌカハニーの現地ニュージーランドでやっと見つけた!…

    2019.04.02
  4. 『無農薬・無化学肥料・無畜産系肥料』の野菜パウダーで特許を取得するまでの道のり。…

    2019.02.01
  5. 世界各国のそこにしかないクオリティ、唯一無二の製品を日本へご紹介!世界のパートナ…

    2018.01.19
  6. ガーナで出会った自然からの贈り物!健やかな素肌を作ってくれる、伝統的製法で未精製…

    2018.02.07

最近の記事

PAGE TOP