Loading

スリランカは日本にとって大恩の国。恩返しとして始めた内戦復興支援から長年かかって誕生したアムラジュースを、ぜひ多くの日本人に味わってほしい!


皆さんは、
第二次世界大戦敗戦後の日本が連合国によって4つに分割統治。
しかも多額の戦後賠償請求をされる可能性があったことを知っていますか?

1951年、サンフランシスコ講和会議の場で、
ただ1人この分割統治案に反対し、賠償請求を放棄することを毅然と宣言した人物がいた。

セイロン(今のスリランカ)のジャヤワルダナ代表でした。



ならば、私たちが恩返しをしよう!
内戦復興支援事業として現地の果樹栽培を支援し続け
そこで生まれたオリジナル商品を日本に紹介する活動をしている阿曽田さんと、
その事業に関わったたくさんのスリランカ人・日本人の歩んできた心温まるストーリーをご紹介します。

ほとんどの日本人が知らない事実。スリランカは日本にとって大恩の国だった。 恩返しとして始めた無農薬のアムラジュースとは。【オーガニックベンダーズ達の声 by IN YOU Market】

「スーパーフルーツ「アムラ」と、天然甘味料「キトル」を贅沢に使った美容に嬉しいジュース」詳しくはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

南アフリカから生まれた野生のルイボスティーが日本の未来を支える

本葛作り一子相伝、本葛の本来のパワーを失った「葛コピー品」の数々。その実態を葛職人、髙木氏が語る!

関連記事

  1. どこまでも誠実に、真面目に作られた妊娠線予防ボディクリーム。こんな商品出合ったこ…

    2019.09.27
  2. 日本で約3%!のオーガニック認証の国産茶葉を使用した、全く新しいスタイルのパウダ…

    2018.05.17
  3. 自分たちの暮らしは自分たちで紡ぎたい。 全ては種から始まっていることを思い出して…

    2019.04.19
  4. 現代人の救世主、オーガニックモリンガ。内と外からのケアをモリンガで行ってパーフェ…

    2016.10.16
  5. 『無農薬・無化学肥料・無畜産系肥料』の野菜パウダーで特許を取得するまでの道のり。…

    2019.02.01
  6. 25年間働いた後脱サラ、導かれるように始めた地球のための会社のお話。

    2018.06.20

最近の記事

PAGE TOP